忍者ブログ
ゆめがたり
『身代わり伯爵』シリーズの二次創作(リヒャルト×ミレーユ)を徒然なるままに、まったりと書いております。
 8 |  7 |  6 |  5 |  4 |  3 |  2 |  1 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「やっぱり、マージョリー様やアリス様のような関係がいいわよね。リヒャルトを皆で…」

 

「俺が、なんです?」
 

「ひゃッ!!」
 

ビクッと身を竦め、視界に入っていた人の影がリヒャルトだと確認して、やっと、ミレーユは身体の硬直を解くと。
 

「リ、ヒャルト!もう…驚かさないでよ……そのまま息が止まっちゃうかと思ったわよ」
 

「何度か扉を叩いて、声をかけたんですが、返事がなかったので、心配になって……それより、こんな時間まで起きているなんて、どうしたんですか?」
 

「えっ?」
 

ミレーユはリヒャルトの言葉が、僅かに首を傾げながら、テーブルの上の置時計に目をやった。
確かに、もう12時を回っている。
 

「あれ、もうこんな時間って、も、もしかして、うるさかった?」
 

悶々と考えているうちに、リヒャルトの部屋まで届くほどの音でも立てていたのだろうか、とミレーユは眉を曇らせた。
 

「そうじゃありませんよ。いつもなら寝ている時間なのに、明かりがついていたから、ロジオンが心配になって、俺を呼びにきたんですよ」
 

「えッ!そうなの。ご、ごめんなさい!」
 

ミレーユは慌てて頭を下げ、謝った。
リヒャルトのために、と色々考えていたのに、これでは本末転倒、どころか、マイナスもマイナス、失態もいいところだ。
ミレーユは小さく息を吐いて、項垂れる。
 

「疲れてるのに、起こしちゃって……本当に、ごめんなさい」
 

「そんなことより、どうしたんですか?」
 

「え、それは、色々考えていたら、時間を忘れて……」

「なにを考えていたんです?」
 

リヒャルトの顔が、さっきよりも近くなったような気がして、反射的に後退る。
 

「あなたが考えごとをするときは、危険なんですよ」
 

そう言いながら、リヒャルトの手が伸びてきて、そっと、ミレーユの手を掴む。
そして、優しく、包まれて。
ミレーユはビクッと身を竦ませた。
 

「あ、あの、ほんと、なんでもないのよ。だ、だから…」
 

リヒャルトの大きくて、温かい手の感触に、心臓が、うるさいほど踊って、熱が上がってくる。
それが一層恥かしくて、ミレーユは一歩下がって、リヒャルトの手の中から、自分の手を引き抜こうと試みる。が、瞬間、離さないというように、リヒャルトの手に力が入る。
 

「あ、あなたは、もう部屋に帰って。ほら、明日は大切な夜会でしょ。国中の貴族が集まるって聞いたわ。大公殿下が寝不足じゃ、困るでしょ」
 

「そうですね。たしかに寝不足は困りますね」
 

「そうでしょ」
 

「明日は、皆さんにあなたを紹介してまわらなければいけないですし。うっかり、あなたの寝顔など見られた日には、後悔しても仕切れない」
 

「え、明日は、リヒャルトに近づかないけど」
 

「……それは、どういうことですか」
 

「ルドヴィックが、あなたには明日、会場に来た令嬢の皆さんの相手をしなきゃいけないからって。私が近づいちゃったら、他の令嬢に失礼だって。皆さんとダンスをしなきゃいけないんでしょ。大公って体力勝負なのね。って、そうよ、ダンスをしなきゃいけないのよ!!早く寝なきゃ」
 

ミレーユは今また自分の失態に気づき、強引にリヒャルトの手から自分の手を引っこ抜くと、彼の背に回り、その背を押した。
 

「早く休まなきゃ、最後までもたないわよ!!ダンスって、あきらかに、男性の方が体力使いそうだし」
 

そう言いながら、ミレーユはぐいぐいとリヒャルトの背を押す。
 

「ちょ、ミレーユ、待ってください」
 

「ダメよ。少しでも早く休まないと。私もすぐ寝るから。居眠りなんかして、あなたに迷惑をかけないから安心して」
 

「違います!」
 

いつにない、リヒャルトの強い声に、ミレーユは驚いて、リヒャルトの背を押していた手を離す。同時に、リヒャルトはミレーユに向き直って、彼女の両肩に手を置いた。
 

「待って、俺の話も聞いてください」
 

「わ、わかったわ」
 

頷いて、そう返事をするミレーユに、リヒャルトは、では、座って話しましょう、と微笑んで、ソファへと促した。
ゆったりとしたソファにリヒャルトが腰掛ける。ミレーユもその隣りに腰を下ろそうとして、刹那、リヒャルトの腕が延びきて、抵抗する間もなく、引かれるまま、彼の膝の上に、腰掛けることとなる。
 

「リ、ヒャルト!」
 

突然のことに、ミレーユはうろたえ、悲鳴にも近い声で彼の名を呼んだ。
 

「は、話をするんでしょ。これじゃ、話なんて」
 

「できますよ。ほら、こうやって」
 

言いながら、リヒャルトの腕がミレーユの脚を持ち上げ、抱き上げるような格好になる。自然、リヒャルトの胸と顔が近づいて。
 

「やっ!って…待っ、って…」
 

静止する言葉も絶え絶えに、ミレーユは、リヒャルトの胸に手をついて、離れようと試みた、がビクともしないところか、腰に添えられていたはずのリヒャルトの腕が、肩を抱き、そのままその胸に抱き寄せられた。

To be continued

------------------------------

長くなってしまったので、今日はここまでにします(苦笑)

当初はもっと短い話だったのに、鈍感で、斜め上の思考の持ち主のミレーユなら、
とか思っていたら、長くなってしまいました。

それに、片思いだったころのリヒャルトだったら、苦笑しながら手を離したでしょうが、
今のリヒャルトは容赦ないから(笑)

たとえ、エドゥアルトとの約束があっても、そこはそれ、臨機応変(←都合のいい言葉だな)
ということで。

本当は、膝に乗せたりすることもダメだったんだよな~と今更気づいた。

ま、いっか。(あはっ)

拍手[27回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  ゆめがたり  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ★ Write ★ Res
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター